長田測量設計

地籍調査

地籍調査とは

人に戸籍があるように、土地の戸籍(所有者・地目・面積・所在)のことを「地籍」といいます。

また、現代の土地に関する記録の多くは、明治時代の地租改正によって作られた地図をもとにしたもので、土地の境界が不明確であったり測量技術が未熟であったことから、様々なトラブルが発生しています。このようなトラブルを解消するために地籍調査を行っています。

地籍調査では、法務局備え付けの土地登記簿、地図に準ずる図面をもとに一つ一つ(一筆)の土地について確認し、それぞれの境界に杭を打ちます。そして、一筆ごとに測量して面積を測り、 新しい正確な地図(地籍図)と調査の結果をまとめた薄冊(地籍簿)をつくります。

出来上がった地籍図、地籍簿は誤りがないか確認(閲覧)していただき、県と国の検査を受けた後、法務局に備えつけられます。

地籍調査の流れ

1、地籍調査の実施計画をつくります

調査を実施しようとする市町村が、関係機関との連絡や調整を行い、いつ、どの地域を調査するのかなどの計画をつくります。

2、住民への地元説明会を行います

調査を行う地域の住民の方々に集まっていただき、調査の内容やその必要性について、説明会を実施します。

3、境界の確認をします(一筆地調査)

地籍調査では、土地所有者の方々に自分の土地の範囲を明確にしてもらいます。 公図などをもとに作成した資料を参考に、調査担当者が現地を訪ねます。そして、境界をはさんだ土地所有者の方々に、双方の合意の上で土地の境界を確認してもらいます。 また、土地の所有者、地番、地目なども合わせて調査します。

4、確認していただいた境界の測量をします(地籍測量)

測量の基礎となる図根点(測量の基準となる点)を設置し、段階を踏んで各筆ごとの地球上の位置を決める測量を行います。
各筆ごとの位置が決まったら、その結果をもとに正確な地図(地籍図)を作り、面積を測ります。

5、地籍簿をつくります

一筆地調査と地籍測量の結果をまとめ、地籍簿を作成します。

6、地籍調査の結果を確認していただきます(閲覧)

作成された地籍図と地籍簿は、一般の方々に閲覧していただき、確認を行います。閲覧場所は市町村役場で、期間は20日間です。
万が一、結果に誤り等があった場合には、申し出て下さい。ここで確認された地籍調査の結果が、最終的な地籍調査の成果となります。

7、地籍調査の成果を登記所へ送付します

地籍調査の成果(地籍図と地籍簿)は、その写しが登記所に送付されます。
登記所では、地籍簿をもとに登記簿を修正し、それまで登記所にあった地図の代わりに、地籍図を登記所備え付けの正式な地図とします。
以後、登記所では、地籍調査の成果を不動産登記の資料として活用します。

地籍調査の利活用

近年のコンピュータ技術の急速な進歩により、地籍調査を実施した市町村においては調査成果を数値情報化して管理することが多くなっています。
これにより、調査成果を土地に関連するさまざまな行政分野と連携させ、固定資産税務、上下水道管理といった管理的業務、さらに都市計画、農林政策などの政策立案の支援に活用することができます。
このような地籍調査成果の利活用を可能とするシステムの整備により、市町村における行政の効率化、高度化を飛躍的に向上させることが期待されています。

■農業政策支援システム(農地集積化支援システム)

これまで農地に関する情報は、農家台帳等の台帳による整理が多くその空間的な把握、他の情報との重ね合わせには、困難な点がありました。
このシステムで、地籍情報と農家台帳のデータと重ね合わせることにより、耕作物、農地の所有者、農地貸借希望者などの分布を容易に把握することが可能となり、農地の大規模化、集約化などの農業政策の立案の際に非常に参考になります。

■都市計画支援システム(用地買収支援システム)

道路拡幅など用地買収を必要とする公共事業を実施する際には、その計画段階で拡幅部分にかかる土地の所有者、面積等を把握する必要があります。
このシステムで、地籍情報と建物・道路現況を重ね合わせることにより、任意の道路の道路中心線と幅員を指定し、用地買収の対象となる地権者、買収面積、用地買収費などを算出すること(シミュレーション)が可能なため、都市計画の立案を円滑に行うことができます。

本の紹介

地図の蘇生
タイトル
:地図の蘇生
出版
:毎日新聞社
:森下秀吉
コメント
:『地図混乱』『幽霊土地』このような日ごろ耳慣れない言葉に、あなたは戸惑いを感じませんか。
『地図混乱』とは、登記所にある公図という名の地図が、現地の場所や形状と合わなかったり、登記簿上にはなくても、地図上にあったり、あるいは登記簿上にはあっても現地になかったり…と、どれが本当なのかわからないゴチャゴチャの地図のことを指しています。
幻のように登記簿にはあっても、現地にも地図にもない、まさに実在しない『幽霊土地』であったりなど、そんな信じられないことが、わが国にあるのです。
舞台になったのは、神奈川県川崎市前宮区犬蔵と住宅地に起こった、地図混乱解決のあらましをまとめたものです。
解消した川崎の公図混乱
タイトル
:解消した川崎の公図混乱
出版
:株式会社センチュリー
:森下秀吉
コメント
:川崎市宮前区にある稗原団地を舞台とした公図混乱解消の記録と、より多くのかたに知っていただき公図整備の重要性と、促進に寄与できることを願いまとめたものです。
一個人の問題から地域全体の問題に、さらに地図整備という国レベルの問題に発展していった公図混乱の解消は、われわれ業界の課題であるとともに、都市部の地図整備を官民一体となって推進し、地図情報の整った地域社会を形成することが、責務であるという貴重な教訓を得ることができました。
地積図の早期達成の一助となり、同様の問題で悩んでいる方々の参考書となれば、望外の喜びであります。
土地が動く日本が動く
タイトル
:土地が動く日本が動く
出版
:三省堂
:下田耕士
コメント
:昭和44年に顔を揃えた土地三法(都市計画法、農地法、農業振興地域整備法)は、制定後30余年に亘り、日本社会を歪めてきた。本書は、この『三法』の改正によって、日本の姿を変え、景気の回復を図れると提言する。
公図混乱解消への道
タイトル
:公図混乱解消への道 −1万筆の境界線を追う−
出版
:株式会社森下測量設計
:森下秀吉
コメント
:公図混乱解消作業の具体的なヒント・マニュアルとして。 公図混乱解消作業の最大のネックは境界確認の未同意者が必ずといっていいほど出てくることです。本書には、未同意者との交渉が行き詰まった担当者が著者のアドバイスを受けて解決に至った手記も掲載されております。その他、不存在地の解消方法と手順、測量助成制度についても掲載許可の資料が提示されております。 公図混乱地区は全国に及んでおり解消作業は困難を極めますが、日夜取り組んでおられる関係者が壁に突き当たった時、本書は生きたマニュアル、道標となることを確信します。
お問い合わせはこちら

What's new

6/1当社のその他ページに他の事業を追加しました

株式会社長田測量設計の、その他のページに情報の追加をしました。

6/1ブログをはじめました

長田測量設計Blogをはじめました。スタッフによるお得情報を掲載していきます。

Staff Blog

長田測量設計のスタッフによるお得な情報が満載です。

スタッフブログは
こちらから>>